繁盛店にするために飲食店経営に必要な知識や技術とは

>

飲食店は非常にお客様との距離が近い

お客様と接する時に守るべきマナー

「いらしゃいませ」「ありがとうございました」などのあいさつは基本中の基本。
お客様が来店されているのに、あいさつができないお店はこの時点でアウトです。
お店の雰囲気もありますから元気良すぎても雰囲気をぶち壊してしまいますので、お店に合った適切な笑顔と挨拶を心掛けましょう。

また、気さくな話し方を気に入るお客様もいらっしゃいますが、言葉遣い一つで不機嫌になる方もいらっしゃいます。
親しみやすさとため口は違います。
特に初見のお客様には丁寧に対応し、会話の中でお役様の嗜好についてを把握するようにしましょう。
会話や口調に砕けた感じを味付けしていくのはその後です。
味は普通だけど店員さんが気さくで和む、癒される、といった印象のある店にはリピーターが集まりますが、
味は一品だけど店員が不愛想だったり対応が悪いような店には、なかなかリピーターは集まりません。

快適な空間のための動線づくり

他のお客様と接触してしまったりして双方がストレスを感じてしまっては、せっかくの美味しいお料理が台無しです。
限られたスペースのなかで、来店から着席までの動線や、トイレへの動線のわかりやすさや、他のお客様やスタッフとすれ違うようなことがないような動線作りなどを知っていると、お客様にゆったりと過ごしていただけるスペースを作ることができるでしょう。

また、席についてからオーダー、料理の提供までのオペレーションもしっかりとマニュアル化しておく必要があります。
一つ一つは難しいことでなくても、お客様のタイミングに合わせて行わなければならない場合、複数のタスクが一遍に押し寄せることも想定して、優先順位を付けたオペレーションの組み立てが必要です。
そういったテクニックを知っていると、お客様の満足度を高めるサービス提供ができます。


この記事をシェアする